database03 of labo3

私たちは、人間-環境系としての都市ならびに建築計画・設計について、社会文化的・生態学的・場所論・環境認知などの視点から、現代社会をフィールドとして総合的理論研究とそのフィードバックとそのフィードバックを行い、新たな計画・デザイン論の構築を試 みています。

hand.jpg

卒業論文

2015.3
中根 正寛
高蔵寺ニュータウン及び周辺地域における施設構成と生活行動の変容に関する研究
宮原 浩維
間伐材を用いたスペースフレーム建築に関する研究-設計,解析,部材製作および建設-
山下 大樹
和歌山県広川町における南海トラフ地震への事前対策に関する研究 - 集落群における農地の活用実態と仮設住宅立地可能性評価 -
吉川 禎洋
ケアホームにおける自閉症者の生活環境の構築に関する研究
GUO NING
窓辺空間の生態幾何学的分析~建築家中村拓志の作品を事例として~
平岡 美由紀
ブダペストJewish Quarterにおける居住者の生活動向調査とワークショップによる地区将来像の検討
西 太一
回想によるライフストーリー分析を通した高齢者の生活環境の評価指標作成に関する研究  -介護福祉・建築計画双方における回想の意義についての考察-

2014.3
井上 舞
都市の中の居場所としての屋上に関する研究
田部 伊紗美
半屋外・屋外の快適さに影響する因子の考察と空間設計ガイドラインの提案—住宅地における緑のつながりによる街区デザインの実例を通して—
鈴木 愛未
知的・発達障碍者の施設における日中活動の場の整備に関する研究
横溝 愛
イスタンブル、フェネル・バラット地区における生活環境の持続の仕組みに関する研究—社会組織の構成と生活慣習における地方性の継続からの考察—

2013.3
鎌田 順寛
壁面による建築内部空間構成の生態幾何学的分析
小林 智行
建築空間における暗さのデザインの研究—建築家、竹原義二を事例として—
柴田 瑛司
建替えを経た府営住宅の再入居者による評価と今後の建替え事業の課題—府営豊中新千里東住宅を事例として—
土田 冴恵子
イスタンブル、フェネル・バラット地区における生活環境の持続の仕組みに関する研究—住宅・街路の空間構成と利用実態からの考察—
永川 裕樹
住民が作り上げる「場」に関する研究—千里文化センター「コラボひろば」を事例として—

2012.3
小松 莉果
計画集合住宅地での子どもの遊び場と行動パターンに関する研究―千里ニュータウン・新千里東町を事例として―
近藤 知奈美
人と人のつながりを創る光についての研究
下林 信夫
都市における出来事のデザインに関する研究
内藤 拡也
知的・発達障害児(者)のための外出環境整備に関する研究―自閉症スペクトラム障害児を主たる調査対象として―
永井 仙太郎
階段の形態による視覚的効果に関する考察
花本 昭平
住宅供給における建築家不在という実状に対する新たな提言とその研究―売建住宅における自由設計の幅ー
山本 葵
インドネシア・LaeLae島における縁台「BaleBale」での人々の集まり方に関する研究

2011.3
粟津 千尋
知的障がい児の住環境整備に関する基礎的研究-TEACCHプログラムに基づく構造化と行動特性に着目して-
内田 彩香
子どもと大人が同時に過ごす空間の在り方に関する研究-吹田市子育て広場を対象として-
江藤 道子
日常生活におけるカフェの場所性に関する研究-主婦のカフェの使いこなし方-
藤井 郁
インタラクティブアートの事例の手法によるパブリックライティングへの展開
水上 和哉
施設複合型の市民センターにおけるwayfindingに関する研究
山内 清史
住空間としてのbale-baleの役割とコモンスペースの形成に関する研究-インドネシアLae-lae島を事例として-

2010.3
川崎 櫻
「空隙」から見たプラハにおける都市組織の変容に関する研究
栗本 絢子
マンションコミュニティの現状とそれを取り巻く環境・高齢者のかかわりについての考察
向阪 真理子
障がい者が働く場としての喫茶店に関する研究-Café kiraraリニューアルプロジェクトを通して-
杉ノ原 聡子
大阪の光景観の様相の特徴に関する研究
中安 智子
助産所における出産・育児活動に関する研究-大阪府内の有床助産所を事例として-
永井 裕太
ブタペストjewish Quarterにおける都市組織の変容に関する研究-都市居住の記憶に基づく街区の空間構成の分析-
義山 宗燮
都市におけるパブリックスペースの研究-京都市新風館を事例として-

2009.3
幾留 温
風景における他我の問題
小幡 正裕
ブダペスト・旧ゲットー地区の空間変容と社会性の現状に関する研究
梶木 仁美
障がい児学童保育における活動と空間の使用状況-障がい児学童保育の建築計画に関する研究-
善野 浩一

中欧プラハの都市空間と建築の複雑性に関する研究-都市組織の形成過程と市民生活の変容を通して
仁居 智子

明治初期から戦前の大阪市における夜間外部空間と照明に関する研究-上方浮世絵・写真・随筆による考察-
吉田 甫
衣服と建築の関係性における研究
若林 可奈
計画住宅地における住環境成熟の仕掛け-米グリーンベルトにおける場・活動・主体の成立過程と運営形態から見えること

2008.3
大江 恭平
現代建築の境界における架構の視覚的効果に関する研究
斧澤 未知子
洗い場の持続的利用とその変容についての研究-黒部川扇状地湧水群生地地区を事例として-
片山 北斗
大阪府ふれあいリビングにおけるふれあいの意味に関する考察~「下新庄さくら園」「花水木」を対象として~
金澤 彬
知的創造性による環境診断とFM理論の構築に関する研究-大阪大学豊中キャンパスを対象として-
神野 夏子
都市祭礼による地域コミュニティの再構築に関する研究
不動 剛志
美術館における空間構成と視覚体験に関する考察-建築家谷口吉生を事例として-
山下 慶博
"人間環境系からみた知的創造環境の形成とデザインに関する研究
-コンセプト提言指向のデザイン活動が展開されるオフィスを対象として-"

2007.3
岩根 敬子
住民の手によってつくられた場の意義と地域との関係性に関する研究―大阪府ふれあいリビング事業を対象として―
古賀 茉季
歩行位置と視体験の関係における生態幾何学的分析―列柱空間における視体験変化のケーススタディ―
宿利 隆
近代的住環境の再生に関する研究―公的住宅建替における住環境デザインの考察―
劉 思頤
住環境における外部空間デザインとコミュティ形成との関係に関する研究―公的集合住宅団地における運営のしくみの変容について―
岩井 来璃子
大学の環境評価と新たなマネジメント手法の開発―国立大学法人大阪大学を事例として―

2006.3
麻野 翔太
「下新庄さくら園」の利用実態とその意味の考察~まちかどの居場所の研究~
阿部 玄
法隆寺五重塔の生態幾何学的分析
串本 佑介
都市における高齢者の色彩認識の問題点~JR大阪駅を事例として~
豊田 哲平
都市再生における計画決定プロセスに関する研究
中野 大志
参加型キャンパス環境マネジメント(PMCE)の実態調査と理論構築に関する研究
吉本 一規
社会空間構造の変化から見た千里ニュータウン近隣住区の個性化プロセスに関する研究

2005.3
荒川 文子
都市の公園における人の居方と環境形成に関する研究
稲田 真善
ランドスケープ・アーキテクトの研究
岩崎 秀徳
結節点を曲がる人の行為の生態幾何学的分析
海東 理佳
空堀地区における新規店舗の実態に関する研究
勝山 恵理
日本在住外国人の母国と日本での「好きな場所」から見る日本の都市の場所に関する考察
川崎 依子
まちを使ったアートイベントに関する研究


2004.3
足立 裕己
人・都市による層構増からみたパブリックオープンスペースに関する研究
木村 充伸
居住者の記憶から見た住環境変容に関する研究
桑原 悠樹
エコビレッジの研究-現状と今後の展望-
下渡 純司
千里ニュータウン新千里東町「街角広場」における居住者の利用実態と場所の形成に関する研究
立脇 寛子
ベビーカー利用時の駅周辺における乳幼児同行者の行動調査-大阪梅田ターミナル周辺を例として-
野原 邦治
移動に伴う環境の流動に関する研究
首藤 真英
民家におけるデイサービスに関する研究-宅老所Hにおけるケーススタディー-

2003.3
青山 周平
来日初期にある外国人留学生が都市において獲得する場所に関する研究
河本 真希
千里ニュータウンにおける集合住宅の建替による住空間変容の特性に関する研究
小松 寛和
吹き抜け・室内開口部を持つ室を含む住宅における私室群の構成に関する研究
新村 岳広
パブリックオープンスペースにおけるデザインと居る人との関係に関する研究
橋本 祐典
滑らかな空間の生態幾何学的分析-横浜港大さん端国際客船ターミナルを事例として-
三矢 大佑
公共建築のあり方とその表現についての研究~80年代末を中心として~

2002.3
池田 彩
説明表現から見た子どもの社会性獲得並びに場所依存性について
石井 千晶
異文化の中で育つ子どもの生活圏の拡がり方とその要因に関する研究
和泉 大介
富田林寺内町における社会空間構造の維持と変容に関する研究
立川 弥生子
千里ニュータウン戸建て住宅地における空間構造の変容に関する研究
柱 健太郎
千里ニュータウンにおける社会空間構造の変化に関する研究-吹田市津雲台集合住宅地をケーススタディとして-
福田 博之
建築家による長屋住宅の更新における空間のつくり方に関する研究
丸山 将彦
住宅建築における壁面あるいはその開口による空間分節の生態幾何学的分析
涌田 知昭
大阪市既成市街地における戸外生活行動の実体と空間構造との関係に関する研究


2001.3
加納 学
長屋住宅の維持とそれを支える居住のあり方に関する研究
笹本 健司
人間の遮蔽縁からの環境の記述と分析
杉山 純一
大阪都心部の喫茶店・カフェの利用状況に関する研究
田中 久徳
大阪大学工学部キャンパス利用者からみた場所の特徴に関する考察
田中 康裕
高校生の放課後における場所利用に関する研究-利用目的とその関わり方の一考察-
鶴井 麻美
豊中市上新田地区における民家の空間構成に関する研究

2000.3
片桐 広祥
住宅設計における人間-環境系に対する設計者の思考に関する研究
河畑 淳司
市街地における空隙率と都市景観の重層性・対照性に関する研究
幸山 真也
都市空間における視覚構造の生態幾何学的分析
小林 健治
公共空間の設計コンセプトとデザインに関する研究
小山 恵里奈
千里上新田地区における空間構造の変化に関する研究
竹中 むつき
集合住宅の窓から得られる外部環境情報に関する研究
寺本 博紀
中高生を対象とする施設に関する研究-東京小中学生センター・さくら橋コミュニティセンター・ゆう杉並・佐倉市ヤングプラザを事例として-

1999.3
今津 康夫
計画されていないものが生み出す都市環境に関する研究
柏木 大輔
被災市街地での住宅再建による住環境変化に関する研究
阪田 吉康
地域商店街の実態とその経営者意識に関する調査研究
渡海 裕司
子供にとっての地域空間の構造に関する研究-西宮市神原小学校区を対象にして-
伏谷 聖子
住宅プランにみる室名の変遷
三浦 賢太郎
高齢者福祉施設における計画意図と利用実態との関係に関する研究-改修履歴調査および入居者生活行動調査を通して-
山本 直樹
上下移動時の視覚的手応えに関する考察-生態学的視覚論からのアプローチ-

1998.3
阿部 美佳子
都市の公園における高齢者の利用実態に関する研究
榎本 愛子
住宅市街地における駅空間の地域特性に関する研究
中村 佳之
街路景観の移行変化とその評価に関する研究 -VRを使った建物上層部壁面後退を伴う高さ変化と連続性等の評価の関係-
橋本 武士
敷き際構成から見た住宅市街地の街並みに関する研究 -芦屋市における再建市街地を事例に-
前田 成徳
住民参加のまちづくり活動に対する助成制度に関する研究
松原 茂樹
市街地における河川の利用行動に関する研究 -城北川周辺地域について-
松本 康寛
遮蔽縁に注目した建築デザインの生態幾何学的研究
前田 茂樹
都市空間におけるパブリックアートのあり方に関する考察 -御堂筋の彫刻設置事業を事例として-
渡部 泰蔵
災害時における人間行動に関する文献的研究 -地震時と火災時の行動特性の異同について-

1997.3
磯部 元
建築外部空間における「リラクゼーション」に関する研究
大須賀 潤一
集落環境に対する児童の行動と意識に関する研究 -洲本市由良をケーススタディにして-
大瀬 崇
阪神淡路大震災被災地の日常風景に関する基礎的研究 -芦屋市をケーススタディとして-
恩地 千穂
ライフライン復旧阻害が街の機能回復に及ぼす影響に関する研究 -阪神大震災における需要者の視点を通して-
幸丸 英嗣
郊外鉄道駅周辺再開発における周辺への波及効果に関する研究 -川西能勢口駅をケーススタディとして-
坪倉 守宏
総合設計制度による公開空地設置後の状況に関する研究
西田 和代
美術館利用者の館内行動に関する研究
八木 秀樹
グループホームにおける痴呆性老人の環境行動に関する研究
横田 昌也
地下街の空間認知に関する研究 -大阪ディアモールをケース・スタディとして-

1996.3
小田 貴史
建築空間における水の効果に関する研究
小林 元子
日照と生活行動との関係に関する考察 -NHK国民生活時間調査の分析を通して-
小堀 泉美
都市景観における色彩の視覚的「まとまり」に関する研究
隅谷 維子
建築形態の構成に関する研究
田中 聡
日本の民家における光と空間の特性 -摂津能勢の民家・日向椎葉の民家を事例として-
古谷 隆祥
公共建築のアプローチ空間における遷移的特質に関する基礎的研究 -ザ・シンフォニーホールを事例として-
松村 加奈子
歴史的市街地における街路景観に関する調査研究 -京都市を事例として-
三宗 知之
駅空間の地域特性に関する基礎的研究 -観光地域に立地する駅の場合について-
森 傑
駅空間の地域特性に関する基礎的研究 -住宅地域に立地する駅の場合について-


1995.3
浅井 信雄
都市景観構成要素の様相に関する基礎的研究
川井 茂輝
超超高層建築の都市計画的意義と課題 その1 超超高層建築案の提案概要とその特徴
河田 淑子
都市シンボルとしての通天閣・大阪城の自己形成について
澤 淳史
ニュータウン近隣センターの配置計画について -土地利用計画と商業施設の立地現況の比較に基づいて-
高草 大次郎
日本近代初期建築史に於ける「自己」と「空間」を巡る一考察
玉山 彰子
近世大坂における橋をめぐる都市活動について -名所図会、文献を通して-
福田 瑞穂
近代日本都市計画ヴィジョンに関する考察 東京都市計画をケーススタディとして
吉本 正樹
歩行者環境における景観単位の構造に関する研究(その2)
飯塚 浩一郎
住民参加型のまちづくりにおける意志形成プロセスに関する研究 -神戸市東川崎地区をケーススタディにして-
横山 和江
ロードサイド型地域商店街の変遷過程 -豊中ロマンチック街道をケーススタディにして-

1994.3
神田 実穂
都市空間の構成に関する比較研究 -都市核と街路の形態分析
高岡 伸一
社会学的視点による日本近代住居の考察
中田 誠之
建築におけるシンボル性の考察
長谷 守保
ノルベルグ=シュルツの空間論と場所論
日埜 直彦
歴史性と建築に関する試論
前田 英男
都心部の広場的空間の特性とその可能性
金 爽
中国蘇州の庭園建築における空間構成 -桂離宮庭園との比較から
竹内 健
河川整備における流域の地域区分に関する研究 -城北運河(大阪市)をケーススタディとして
玉置 彰
街路網の解析手法に関する研究 -スペースシンタックス理論とグラフ理論



1993.3
上田 陽子
都市における遷移的空間の研究
岡 秀一
まちの活性化と魅力向上に関する研究 -りんくうタウンの活性化に向けて-
小川 雅
大学キャンパスの再構築に関する研究
田原 博司
川口居留地の研究
内藤 順子
都心居住の可能性に関する研究 -大阪市都心部をケーススタディとして-
野中 太久磨
建築と音楽にあらわれた日本性
橋本  恵
総合設計制度における連担する公開空地の空間特性 -大阪市都心部業務地区を対象に-


1992.3
岡山(岩田) 道子
地域のコミュニティ施設としての博物館の研究
大澤 智
都市景観の誘導方法 -ニューヨーク市のBPCを中心として-
椎名 績
イメージからみた都市の個性に関する研究
高橋 雅
都市の遠望景観の特徴解析に関する研究
田嶋 毅
立地条件の違いによる高齢者の外出行動に関する研究
槻尾 輝雅
禅宗建築の空間に関する考察 -瑞龍寺をケース・スタディとして-
西尾 司志
建築の外観における「目立つ」ことの意味に関する考察
矢島 実
歩行者空間における「立ち止まり」現象の研究
荻野 恵悟
街路景観の色彩構成に関する研究
藤原 浩士
芸術運動における「建築」についての考察 -ウィーン分離派を例に-


1991.3
植田 修
待ち空間に関する研究 -大阪「ミナミ」繁華街における実態調査-
大西 宏治
24時間都市に関する研究 -江坂地区における商業施設の利用からみて-
金岡 利人
街路の方位、敷地規模等による独立住宅地の景観変化について
亀谷 義浩
光による色彩諸現象と都市景観に関する研究 -大阪市OBPにおけるオフィスビルをケーススタディとして-
田路 圭輔
戎橋筋商店街活性化の可能性に関する研究
野上 雅也
市街地における文化財の在り方に関する研究 -大阪四天王寺をケーススタディとして-
三村 大介
商業建築におけるトイレの在り方に関する研究
山下 剛史
高齢化社会に対応した住環境整備に関する研究 -千里ニュータウンにおける高齢者の地域施設利用について-



1990.3
青野 拓司
待ち空間に関する考察
居場 英則
博物館の事例研究 -奈良町博物館都市構想策定調査のために-
岡下 亨
千里ニュータウンの歩行空間の障壁に関する調査研究 -高齢者・車椅子利用者の視点から-
小河 素子
色彩から見た個性ある都市景観の研究
窪田 龍二
和歌・俳句に見られる水辺空間の表現に関する基礎的研究
黒田 浩史
移行方向の違いからみた行動変化に関する研究 -廊下と階段における歩行感覚の比較-
小阪 淳
文化財環境形成に関する研究
松本 久斉
「町づくり建築」に関する一考察 -愛媛県伯方町の事例を通して-
村山 和久
土地の効率的利用に関する一考察 -大阪市域における敷地の共同化及び壁面後退の効果について-
森下 豊
大学キャンパス計画に関する事例研究


1989.3
井上 順一
市街地における交差点空間の形態に関する研究 -大阪市中心部を事例にとって-
岡 正規
街の美術的要素の視覚的語彙に関する研究
岡崎 豊茂
大阪府の土地利用と都市構造指標との関連に関する研究
小野 貴英
都市河川景観における場所性の研究
迫 淳海
建築における「丸」についての研究
佐々木 徹
在日外国人に対応した居住の在り方と問題点に関する考察
高椋 健
「環境心理」研究の計画学的意味に関する文献的考察
友景 健治
都市における敷地内オープンスペースの利用に関する研究 -梅田センタービル内の公開空地の調査から-
福西 裕智
敷地の共同化にみる都心街区空間の変容に関する研究
横井 一郎
河岸景観の経年変化に関する研究 -大川の河岸景観について-
織井 史郎
建築形態からみた吹田市江坂地区の町並み景観に関する研究 -建物の外形・意匠・色彩にもとづいた分析


1988.3
秋川 宏之
現行建築規制のもとで形成された市街地の景観に関する研究 -吹田市江坂地区-
井上 雅祐
昼夜の条件変化の下での都市景観に関する研究
植田 道則
最近のデザイン動向に見られる商業建築の類型 -現代デザインの潮流を求めて-
菊井 進二郎
建築あるいは眼差し -ロバート・ヴェンチューリに関する試論
木多 道宏
現行建築規制のもとで形成された市街地の景観に関する研究 -箕面市船場地区-
河本 順子
大阪市建築美観誘導制度に関する研究
桜井 孝裕
コープ住宅における公室を中心とする住まい方に関する研究
長岡 弘隆
現行建築規制のもとで形成された市街地の景観に関する研究 -豊中市寺内地区-
芦田(西極) 智美
茨木市における水辺環境の活用に関する研究
三崎 信顕
コーポラティブ住宅における定住性と一戸建て指向について
戸村 直登
道の空間的意義に関する研究
花崎 敏雄
泉北ニュータウンの緑道の利用実態に関する研究


1987.3
芦田 智之
コンピュータグラフィックスを援用した建築ファサードの視覚的まとまりに関する研究
阿部 弘明
繁華街の空間特性に関する比較研究
岩田 章吾
大阪における繁華街に対するイメージの研究
加治木 成之
大阪大学豊中キャンパスにおける人のうごきからみた空間構成の可能性
今野 直史
ニュータウンにおける小学生の空間認識に関する研究
高取 昭浩
水路をもつ歴史的集落の街路景観に関する研究
中尾 唯史
大学キャンパスの溜り場における「落ち着ける」空間についての考察 -外部空間並びに外部的空間について-
藤井 潔
市街地における交差点景観の構成に関する研究
青沼 英裕
古代イタリアの都市住居に関する研究
竹内 純
都心に立地するホテルが、周辺の街の動きに与える影響についての研究 -夜間利用状況より見る-
幡山 靖
既成市街地に於ける戸外生活行動と、その空間条件に関する研究(昭和60年度)


1986.3
大石 聡輝
外装材の選択と視覚的デザインの関係に関する一考察
加納 秀一
街路景観の視覚情報特性に関する研究
桐野 健治
コンコース空間における人の「滞留」行動に関する事例的研究
栗林 章
外国人宿舎の計画に関する研究 -外国人留学生の自国と日本での生活実態の比較-
高瀬 洋一
人のうごきとまちの活性化へのアプローチに関する研究 -北梅田地区のまちづくり-
田中 英明
眼高差による景観の違い及び町における大人と子供の興味差
吉野 完
繁華街における色彩の現状と街の色の地方性についての研究
田中 伸和
ターミナルにおける人の滞留及び流動に関する研究
前田 利也
4人のウィーンの建築家に見るファサード・デザイン手法の変遷
三浦 哲之
都市に於ける計画誘導としての総合設計制度に関する研究 その2 -大阪市住宅事例を中心に-


1985.3
浅草 嘉一
都市景観の視覚情報特性に関する研究 -大阪市の主要街路景観分析-
泉谷 篤史
公共建築のわかりやすい空間構成に関する研究 -昇降路等に関するわかりやすさの評価法-
沢田 集
外国人宿舎の計画に関する研究 -入居者の利用状況と施設要求-
神谷 寿一
景観特性の数量化に関する研究 -スカイラインに対するフラクタル理論の適用-
鍋谷 めぐみ
外国人宿舎の計画に関する研究 -施設現況・管理運営の実態と問題点-
森(原野) ゆかり
三世代住宅の計画に関する研究
福居 章
梅田ターミナルにおける誘導サインの実態と利用者からみた問題点
三喜田 順彦
都市景観の視覚情報特性に関する研究 -大阪市大川の河岸景観分析-
加原 康通
環境条件に応じる行動変化に関する研究 -街路と地下街に於ける歩速の比較-
藤谷 良樹
老人福祉施設の計画に関する研究 -大阪府下の場合-


1984.3
安藤 渉二
不慣れな建築空間における空間把握に関する実験的研究 -学習条件の差について-
岡田 圭介
博覧会会場の平面計画、空間計画からみたタウンデザイン手法の研究
垣内 真治
梅田地区における案内・誘導サインの実態と問題点に関する研究
田村 典正
フラクタル理論による都市スカイラインの複雑さの数量化に関する研究(数量化と複雑さ感の関係について)
水野 成容
大阪都心部における住宅更新の可能性について
村山 卓志
大阪市内のオフィスビルにおけるエントランス廻りの空間構成について
大隅 康令
市街地建築物における公開空間の設計に関する研究
奥 一也
大川にかかる橋上からみた都市景観の実態と諸問題


1983.3
阿部 浩和
ポストモダンクラシシズムについて
井塚 秀明
「近代建築」ならびに「建築の言語」について -ブルーノ・ゼヴィとチャールス・ジェンクスの比較研究-
片岡 玲子
領域感体制化の測定方法に関する研究 -言語連想強制評定法の一検討-
丁野 成人
フラクタル理論に基づくスカイラインの数量化
藤江 亨
ジェネラルアトリビュートとスタイルアトリビュートとの比較実験的研究
大野 春樹
バーナード・ルドフスキー論考
辰岡 慶治
「日本的デザイン」をめぐる最近の動向について
津山 哲郎
住宅に於ける「狭隘感」について
岡野 一也
建築ならびに都市デザインに於ける水の扱いについて -水の本質的理解に関する一考察-



1982.3
内仲 毅
ガラスの建築的表現について -近代建築から現代建築まで-
鍛冶本 健一
環境認知に関する一考察
河本 順介
ニューブルタリズム論
高原 浩輔
大都市通勤者の集会施設利用に関する調査研究 -主として講演会・講座受講について-
永井 靖二
旧市街地整備のための基礎的研究 -大阪市生野区の場合-
増田 俊哉
「レイトモダニズム」についての研究
村上 敏郎
大阪城の景観的研究
吉川 貴康
水際空間のデザインに関する研究
米井 寛
都市空間の美的再生に関する一考察
和田 正信
都市ならびに建築計画の趨勢に関する一考察


1981.3
大谷 郁朗
アール・ヌーボーの諸側面 -Progressive Versus Conserrative
大原 彰
児童の住宅観に関する一考察
喜田 克英
用途複合と公共空間処理からみた都心型建築の分析 -アメリカ合衆国の事例について-
小松 亨
建築におけるスケールに関する一考察
田井 秀一
ルンハイムにおける"dynamicsに関する一考察
田中 賢一
古い建築物の保存活性化のためのデザイン技法について -アメリカ合衆国の事例について
徳山 正司
Colin Rowe, Fred Koetterの「コラージュ・シティ」について
森田 安浩
コミュニティの参与を伴なった設計に関する研究
松永 茂美
建築と人間的次元 -P.F.Smithの所説について-
水谷(羽根) 清乃
Roger Scrutorの「建築美学」について


1980.3
池本 裕
G.カレンの景観論に関する一考察 -O.F.ボルノウの観点から-
井上 謙二
建築形態の「らしさ」について -幼稚園建築の場合-
片岡 幹夫
景観論に関する一考察 -J.アップルトンと芦原義信の比較-
志賀 真一
C.ハイムサスによる行動論的設計法の検討
高橋 均
H.シャローンの設計方法論
谷口 和男
C.ジェンクスの建築コード論
田村 卓司
視覚障害者の室空間知覚に関する実験的研究
中田 誠
集合住宅のイメージにおけるパーソナリゼーションについて
藤田 泰史
アトウの建築批評論に関する一考察
山口(蔡) 栄二
すれちがい歩行の観察調査
山本 誠
ユートピアの類型について


1979.3
石丸 信明
Colin RoweのTranseparencyについて
浦田 厚生
北米におけるハウジングに関する諸論説について
倉田 昌明
住宅選択に関するMichelsonの所説について
佐藤 英樹
Vernacular・Monumental・Utilitarian Arch.とHumane Architecture
辰巳 浩三
建築空間の不安定感の図形による評価に関する基礎的考察
千種 幹雄
建築デザインにおける円の象徴性
福西 清香
建築成立の諸条件について
松田 武彦
Jay Appletonの景観論に関する考察
松田 善弘
欧米のモールに関する事例研究
三沢 正俊
Charles Mooreの身体論について
吉村 弘
John Portmanの設計技法について


1978.3
藍原 弘司
地下街階段の覚知に関する実験的研究
朝倉 正治
アプローチ空間の奥行感に関する視知覚的考察
池上 悟
建築空間における不安感に関する基礎的研究 -幾何図形による評価の方法について
荻田 充彦
街路景観の雰囲気に関する現地とイメージとの比較調査研究 -ウメダ地下センターの場合-
片山 博之
.N.シュルツの建築論について -"Meaning in Western Architectureにおける方法に関する一考察-
金川 裕一
建築群の視覚的まとまり感に関する一考察
土田 良三
密度と児童の交遊に関する調査研究 -高密度住宅地の場合-
浜本 義之
中層住棟配置と窓遮蔽の実態調査
三浦 高昌
バス・ストップ利用者の待合形態に関する調査研究
山本 研一
Teritory ; Teritorialityに関する一考察


1977.3
内田 善久
集会施設の段階構成に関する研究 -尼崎市公民館について
海岸 茂美
街路景観構成要素に関する実験的研究
大塚 裕弘
格子状街路における歩行者の径路選択に関する研究
西原 安明
都心業務地域における高層ビル周辺空地の利用実態調査
西村 隆男
高層大規模住棟内外における子供の遊びに関する研究


1976.3
安倍 公博
民間アスレチック施設の利用調査研究
今井 雅則
繁華街のヴェンチューリ的サーベイ -道頓堀及び新世界について-
勝丸 敏博
勤労単身者の住居に関する研究
川口 浩二
未開集団の集落形態に関する一考察
児高 忠明
外国における形態規制について
小林 正治
尼崎市公民館の利用に関する調査研究
田附 尚
イスラム建築における統一性概念に関する研究 -特に視覚的統一性について
田中 均一
街路景観の記号的要素に関する研究
土肥 正
建築構造とデザインとの関わりについての一考察
別府 弘
繁華街を構成する通俗的表現についての一考察 -道頓堀および新世界の場合-
森本 文忠
日常的余暇活動の場所に関する一考察
八塚 孝之介
都市景観分析の視点に関する一考察


1975.3
家倉 泉
団地内集会施設の利用に関する研究
宇都宮 和夫
「言語論的建築論」に関する一考察 -アイゼンマンとガンデルソナスの場合-
奥井(浦野) 容子
都市勤労者の昼食時行動と施設利用に関する調査研究
狩野 裕行
商業施設内における歩行者空間について
川口 道男
Arg Isagcの建築デザイン技法について
木村 利雄
テリトリーに関する文献的研究
佐竹 洋一郎
R.G.バーカーの生態学的心理学について
新城 功雄
「建築の意味の意味」に関する一考察
平山 昌信
通行経路の分割とその効果についての調査研究


1974.3
池上 俊郎
山間僻地の過疎状況について(長野県小谷村の場合)
上田 康雄
都市生活者の休日外出行動に関する研究(パーソントリップ調査の分析による試論)
梅本 光夫
公共・公益施設の現況に関する研究(大阪都市圏の市町村について)
木崎 博
老人コミュニティーに関する一考察
迫田 英明
高層高密度集合住宅における住棟内共有空間の再考察
寺本 久夫
プライバシー概念に関する一考察
冨宿 建嗣
主婦の余暇行為と住居の条件との関係について
森井 雅久
クリスチャン・ノルベルグ・シュルツの建築論の研究



1973.3
荒井 博
都市内団地居住者の日常外出行動に関する研究
生島 久夫
G.Scottの建築論について(「ヒューマニズムの建築」を基礎として)
井出 光
遊戯論を軸とした建築の一考察
菅原 賢治
共同住宅ならびに団地に関する生活指標的考察
田中 愛輔
愛隣地区及びその周辺地区の形成過程
田中 直人
室分化の契機に関する2・3の考察
原 幸輝
Simple社会における住居研究
美濃 享
ル・コルビュジエの住宅に関する一考察
山本 哲生
21世紀の住宅像について


1972.3
大戸 寛
径路選択に関する実験的研究
奥 俊信
ユートピア作品における建築論的研究
佐野 潤一
設計方法研究に対する一考察
沢田 伸
都市計画における住民運動の役割について
末木 俊昭
空間デザインと構造の関係について
橋本 彰
ターミナル地区に於ける圏域構造
藤田(劉) 文富
我国住宅生産工業化の動向に関する考察
別所 高志
ユルゲン・イエディケの現代建築論について
宮川 正博
河畔空間の構成と利用に関する一考察
三好 庸隆
老人とその住居に関する計画学的研究
杢谷 保夫
都心における停止者分布について
山下 恒夫
景観論・環境論のための基礎的考察


1971.3
徳山(洪) 光令
阪神・播磨臨海工業地域に於ける中堅工場の立地動向について
塚口 明洋
大阪兵庫広域圏における商業構成に関する研究
中嶋 新一郎
住意識に関する文献的研究
中西 修二
大都市近郊農業地域の都市化圧力の影響について -南河内地域をCase-Studyとして-
中西(植村) 孝子
都市近郊農業地域の特徴と地域タイプに関する研究 -北摂地域をCase-Studyとして-
広瀬 純
大量高速輸送時代に於ける関西新国際空港への提言
松野 泰男
住要求と住宅の室構成に関する研究
三上 利明
梅田地区の地下街における空間の把握のされ方について
水野 寛之
住宅団地における自動車問題研究
村上 純一
梅田ターミナル地域における業務者の昼食時行動に関する研究


1970.3
石田 允宣
(特別研究は卒業設計のみ)
北山 悟
(特別研究は卒業設計のみ)
倉 乙彦
(特別研究は卒業設計のみ)
紺谷 幸蔵
(特別研究は卒業設計のみ)
佐藤 重雄
(特別研究は卒業設計のみ)
高橋 悠爾
(特別研究は卒業設計のみ)
谷口 康彦
(特別研究は卒業設計のみ)
中北 清
(特別研究は卒業設計のみ)
馬場 健一
大阪府に於ける防災建築街区、造成事業の要因考察
人見 修
(特別研究は卒業設計のみ)
横井 孝史
都市施設の歩行者流動計画に関する基礎研究(大阪駅前街路の流動特性について)


1969.3
大津 俊雄
工業立地論に関する研究 -WeberとHooverに対する批判と新しい視点について-
河上 隆志
寮生活単身者の店舗利用実態研究
北岡 宏一
高層住宅の日常生活に及ぼす影響 -エレベーターを中心に考えた場合-
坂 雅勝
広場に於る停止者分布の研究 -建築空間における行動変化-
須藤 順一
都市空間に於ける機能的研究
永井 勝雄
近代化とレクリエーション
松井 厖
工業団地の計画プロセスに関する研究
道前 訓
日本住宅問題についての史的考察(試論)
八木 正雄
座席選択からみたPersonal spaceの成立について -建築空間に於ける行動変化に関する研究-
山本 隆史
日本資本主義100年の都市と農村の対立及びその過程における地域開発の諸形態とその手法についての研究


1968.3
相本 哲邦
事業所立地性向及び人口から観た都心構造に関する研究
市川 修
大学の福利厚生施設に関する研究
柏原 孝治
都市化概念の理論図式
日下 正基
門真市に於る都市化の諸段階
香西 喜八郎
大学図書館の研究
茶屋 了
キャンパスに於けるたまり場の研究
西井 美彦
建築空間における人間の行動法則について
安田 孝
昼食時における学生用施設の利用の型に関する研究


1967.3
金山 隆興
建築空間における行動法則の研究 -コンコースにおける群衆流動の領域について-
小橋 健蔵
庄内地区における住宅形式別環境意識について
塩田 芳弘
流通経路に於ける選択行動に関する研究 (階段とエスカレーターの選択について)
鈴木 通孝
庄内地区における小売商業と慰楽施設の関係について
高島 祐三
流通経路に於ける選択行動に関する研究 (直列2階段の選択について)
高橋 武史
庄内地区における公共的施設について
高橋 憲昭
学生寮諸施設に関する研究
竹嶋 祥夫
階段の昇降行動の心電・筋電・呼吸波による解析について
藤井 英夫
庄内密集地区に於ける子供の遊び場
本田 盛
建築空間における行動法則の研究 -柱・壁の位置が行動に与える影響について-
松井 康吉
庄内地区における近隣のHuman Relationに関する研究
水口 善雄
昼休み時における学生の流動状況に関する研究
吉岡 恒二
学生の利用する店舗・施設についての研究
吉田 和正
駅前機能核の生態的分類


1966.3
芦辺 昌彦
学生寮における共同施設についての利用調査研究
市嶋 久嗣
流通径路に於る選択行動に関する研究 -階段とエスカレーターの選択について-
植田 邦男
豊中市庄内地区の都市化
柏原 士郎
研究所附属病院の特殊性に関する建築計画学的研究
田中 宏明
流通経路に於る選択行動に関する研究 -垂直方向の選択経路について-
野村 康裕
シンボルとマークについての考察
萩原 信行
大学図書館の利用状況に関する研究
松尾 純
学生利用施設に関する研究
松本 七郎
大学における施設の使われ方 -大阪大学石橋地区調査-


1965.3
伊部 宏
時間指定行為についての集中状態の調査
上杉 信之
大阪市に於ける都市景観調査
尾崎 光彦
奥行知覚に於る弁別閾の研究
小島 孜
大学計画についての考察
茶野(藤堂) 秀一
観光レジャー施設における傾向変動・季節変動・曜日変動についての研究
藤田 宣紀
高さについての弁別閾の研究
三井 敏行
視覚による巾認知の研究


1964.3
池畠 佳紀
群衆流動に及ぼす心理的影響について
老田 孝
総合病院病棟部に於けるエレベーターの規模の研究
木村 輝久
病院給食の施設並に作業の実態調査(総合病院の場合)
瀬藤 祐
超高層建築の避難計画に関する研究
武内 文男
病院駐車場に関する研究
舟橋 國男
皮膚電気反射の応用による高さ認知の研究
横山 和男
老人施設に関する研究 -入浴・食事・用便について-
吉田 勝行
工場門前に於けるラッシュアワー状態の観察


1963.3
井上 昌
老人ホームに於ける老人の生活調査
沢 勝信
建築材料の熱伝導率について
難波 敏広
阪急庄内駅前の建物構成
能丸 弘毅
病院入口に於ける自動車処理に関する研究
林 健彦
モデュール(module)に関する研究 -特に米国AMとGMの比較分析について-
星 忠甫
横断歩道に於ける群衆流動状態
増田 靖仁
戦後の建築ジャーナリズムに対する伝統論に関する研究
安永 耕二
子供の空間構造に関する研究


1962.3
秋山 健
分譲住宅購買層に関する調査及び研究
稲葉 寛
老人ホームに於ける老人の生活調査 -老人ホームの建築計画に関する研究-
入江 徇一
園児の自由保育時に於ける行動調査 -主に室内-
打出 英樹
老人施設の調査的研究 -老人施設の問題点-
高橋 重夫
住宅の保温設計に関する熱的考察
辰巳 興一
量産住宅の設備コアについて -その寸法構成について-
中筋 修
建築に於ける寸法構成について -特に仕上厚に関して-
永井 純士郎
民間の住宅団地の実態 一部住宅分譲業の問題
肌勢 良雄
木造detailの寸法構成に関する研究 -特に窓・出入口まわりについて-
山口 徹
ハーバード・リードの建築観について
山本 清
視覚原理より見た建築の立面構成
横地 勲
幼稚園に於ける園児の行動観察調査


1961.3
川島 繁三
アルミ溶触炉から発生する有害ガス調査
玉村 嘉一
老人ホームに関する研究
中尾 康之介
示に関する研究"EXHIBITION and DISPLAY
西村 正克
アメリカのプレファブリケーション
細川 修
プラスチックスの建築への利用について
増井 慶二
PREFABRICATION -特にModular Co-ordinationについて-
安原 秀
公民館の利用状況に関する考察


1960.3
川口 清嘉
水上学童寮「海の子の家」の調査
本多 龍太郎
明治・大正初期に於ける建築界の様式論争に関する研究
横田 隆
大阪市に於ける都市美観調査



1959.3
今井 好夫
建築意匠に於ける鉄筋コンクリートの可能性についての研究
大久保 忠邦
ヨーロッパ機能主義建築に関する研究
垣内 健男
建築批評に関する研究
竹本 丈太郎
イタリア近代建築に於ける地方性に関する研究
中西 広全
バウハウスについての研究


1958.3
石川 功
HOUSING設計に関する研究
金森 信和
建築構造のゲシュタルト的研究
黒川 暢一郎
住宅に於ける人間の研究


1957.3
東 孝光
現代アメリカ建築の基盤 19世紀から今日に至るまでの37の論文集
井上 達明
20世紀建築の形態と機能(Forms and Functions of 20th Architecture)
今倉 邦彦
BEHIND THE PICTURE WINDOW
内海 担
20世紀建築の形と機能
北島 通生
調査に基く住い方の研究
栗本 正文
「見え」に関する一研究
栗山 庸弘
アメリカ合衆国に於ける住宅の分類
佐々木 一
建築美学
斎藤 親平
Architecturally Speaking (by Eugene Raskin)
辻野 純徳
行動「心理係数」の測定について
山崎 担
芸術と視知覚
吉井 孝次
建築コンポジションの原理


1956.3
小川 充郎
建築に於ける材料と方法
加藤 廣己
幼稚園保育室内の色彩調節に関する研究
紙野 桂人
心境農産調査報告
亀井 磐
動物と人間の目的行動(PURPOSIVE BEHAVIOR OF ANIMAL AND MEN)
鴨打 至
工場生産住宅の諸提案
高木 登
開口部に於ける群集流の心理学的観察
前田 忠男
建築内部空間の視知覚実験
牧内 正文
住宅の近代設備
村上 恒彦
CIAMの研究
山田 俊満
大阪駅の設計
山本 哲
ロール・シャッハ法による住宅の研究


1955.3
赤崎 尚信
視覚言語(George Kepesの原著による)
荒木 兵一郎
住宅の住い方に就いて
池田 博
臨床的精神診断法による色彩の一調査 -壁の処理方法について-
井戸 昭七
アートテストについて
奥村 勇
展示会のデザインについて
神出 津嶺雄
建築内部空間の知覚実験
中島 啓吾
病院総合計画
長尾 恭房
ドームに関する研究
野中 亮
鉄筋に耐酸・耐アルカリ塗料を塗付した場合の附着応力度の研究
福渡 勲
幼稚園児の習慣行動について



1954.3
王 柏群
建築内人間行動の実態調査に於ける標本抽出の方法
大倉 秀明
ル・コルビジエの都市計画について
奥村 嗣夫
専門店とその改造
北村 博司
建築に対する人間の精神状態の脳波による観察について
杉原 正昭
通気に関する実験的研究 -煙風洞による模型実験-
出村谷 博郎
暖房設計基本原理並基本處置
中道 正照
1914年迄の近代運動について
楢崎 正也
建築の「視的世界の知覚」について 全訳「視力世界の知覚」


1953.3
阿部 順一郎
通気に関する実験的研究(煙風洞による模型実験)
岩井 孝夫
Analysis of shops and stores
岩城 良信
建築計画に於ける人間の行動についての研究法
岩成 卓
SPACE, TIME AND ARCHITECTURE
大久保 昌一
THE COLOR OF LIFE
北山 雄造
コンポジションの研究,形について
末岡 利雄
百貨店食堂に於けるテーブル選択行動の実態調査
芳賀 俊彦
住宅のプレファブリケーション -アメリカのプレファブ企業の発展及び大量生産の一方法としてのその生産販売状況について-
山本 久
LE CORBUSIERについての一考察
横井 元昭
機械化の歴史について
岡田 実
学校建築の研究
片倉 健雄
幼児の生活空間 -主として都市の高層アパート団地について-
高松 武羅雄
映画館に於ける座席選択について
武谷 等一
PREFABRICATION
立石 宗一
建築冷暖房の諸問題
丹羽 勇
教会建築の実態
籔内 幸雄
集団居住形式の居住者に及ぼす影響について
山川 忠良
建築に於ける現代の構造、構造例の蒐集


1952.3
木村 康彦
床下土壌の含水率変化
鈴木 洋也
モデュールに関する研究
中村 堯
屋上板を通過する日射と気温に関する研究
日高 敬裕
色彩計画研究
前田 治
誤差の研究
松本 大平
色の現象学的研究

1951.3
三国 泰路
構造計画学への試み -その概念と構造形式の分類手法について

1950.3
佐江木 了治
海産物加工工場の設計