NEWEST <<次の記事

三大学環境工学系卒業研究発表会

昨年になりますが,12/20(土)に,「第27回三大学環境工学系卒業研究発表会」が大阪市立大学の杉本キャンパスにて開催されました。環境・設備系研究室では,毎年この時期に卒業論文の中間発表を,奈良女子大学と大阪市立大学の生活科学・建築環境系の研究室と共同で開催しています。今年は,9名の4回生が100人近い参加者の前で日頃の研究成果を発表しました。4回生にとっては2月の卒業研究発表会の予行演習であったり,他大学の先生から全く違う視点でのご意見をいただいたりと,貴重な場です。



発表が終わったあとは皆さん緊張から開放されていい笑顔になっていました。



発表会の後は,場所を学生食堂に移し,懇親会です。真面目な議論とはうって変わって,歌ったり,ビンゴゲームをしたり楽しい時間を過ごしました。



さて,2/19(木)の卒論提出まで残り1ヶ月とちょっととなりました。論文が進んでいる人,まだこれから実験する人,さまざまですが,それぞれ素晴らしい研究発表をして全員がまた笑顔になれたらいいなと思います。



桃井@建築・都市環境工学領域

| - | 10:09 PM | comments (x) | trackback (x) |

1/5(月)卒業設計の中間講評

年明け早々の1/5(月)に,非常勤講師・小河先生,高草先生をお招きし卒業設計の中間講評を行いました.
参加した学生は計画系研究室の学生でした.年末まで卒業論文に取り組み,正月休みを挟んだためか,ようやく始めたところという案がほとんどでした(案にもなっていませんが).

11月,12月にも開催し,そこで講評を受けた学生の中には着実に進んでいる案があったのが救いです.



2/19(木)の提出まで残り1.5ヶ月.一抹の不安がよぎりますが,しっかりした卒業設計ができあがることを期待します.

松原@建築・都市計画論領域

| - | 02:46 PM | comments (x) | trackback (x) |

特別講演

本日は名古屋大学大学院環境学研究科教授、福和伸夫先生による特別講演会が開催され構造系研究室の教員・研究生を始め2年生から3年生まで多くの学生が講演会に参加しました。





福和先生は名古屋大学での耐震・防災等の研究に加え、内閣府や文部科学省、地域のボランティアと幅広い活動に参加し地震や防災に関する市民の意識啓発に力を注いでいます。

Google Earthを使った地盤と地名のお話
振動現象をわかりやすく説明するための振動実験教材のお話
地域ごとに見る防災意識のお話等
大変面白く貴重なお話を聞かせていただきました。

先生のホームページはこちら
http://www.sharaku.nuac.nagoya-u.ac.jp/~fukuwa/

私も今日始めて知ったのですが大阪府(関西)は最も防災意識の低い地域で地震保険や家具の固定等の地震対策もかなり怠っているとか。
阪神淡路大震災を経験したにも関わらずそんな事実があったとは驚くばかりです。

建築や街を専門としている私達こそ防災や地震、耐震に対する意識を高めていく必要があると
福和先生も考えていらっしゃいました。

さぁこのブログを読んだ人はすぐにお近くのホームセンターまで家具止めを買いに行きましょう!
以上、建築地震地盤学領域B4酒井でした。

| - | 07:04 PM | comments (x) | trackback (x) |

NEWEST TOP <<次の記事

CALENDAR

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<<前月 2009年01月 次月>>

NEW ENTRIES

ARCHIVES

LINK

PROFILE

POWERED BY

BLOGN(ぶろぐん)

OTHER