NEWEST 前の記事>>

10/28建築設計第2部

第1課題として独立住宅に取り組んでいます.
11/6提出で1週間ほどになりましたが,まだプランを検討している段階の人が多数いる状況で,「間に合うの?」と心配になってしまいます(昨年と変わらないのですが).最後には若さで仕上げてくるのですが.
今年は大学院生のTAが多数いて,年の差も離れておらず教員よりも相談しやすいのではないでしょうか?学生はわからないところは遠慮なく相談してよりよいものを提出して欲しいです.




松原@建築・都市計画論領域

| - | 01:05 PM | comments (x) | trackback (x) |

10/27駒井貞治さん講演会

駒井貞治さん講演会が開かれました




10/27(月)16:30から,京都で「借家生活」を実践・活動されている駒井貞治さんをお招きして講演会を開きました.多くの2年生,3年生はもとより大学院生も参加し,2時間半近くユニークな活動を紹介いただきました.「建築家」をイメージしていた学生にとって,新鮮なお話だったのではないでしょうか?

詳しいことは,建築・都市計画論領域のブログをご覧ください.
http://labo3nikki.exblog.jp/


松原@建築・都市計画論領域

| - | 01:02 PM | comments (x) | trackback (x) |

造形実習・有名住宅の模型をつくる

2年生後期の造形実習で,有名住宅の模型を1/50でつくりました.
普段は平面図や断面図からしかわからない住宅を模型にすることで,空間の読み取りを行う実習です.

現在建築設計第2部で独立住宅の設計をしていますので,造形実習で学んだことを活かした設計になることを期待します.

| - | 08:58 PM | comments (x) | trackback (x) |

研究成果がメディアに取り上げられました

鉄骨系構造学領域では,4年ほど前より,住友金属工業・片山ストラテック・日建設計・京都工芸繊維大学と産学連携の共同研究を進めており,その成果が一般紙・業界紙などのメディアに取り上げられました.

ウェブニュースへのリンク:
・産経新聞
 http://sankei.jp.msn.com/economy/business/081016/biz0810162016005-n1.htm
・ビジネスアイ
 http://www.business-i.jp/news/ind-page/news/200810170094a.nwc
・時事通信
 http://www.jiji.com/jc/c?g=ind_30&k=2008101600563

1000N級鋼という,建築鉄骨用としては世界最高強度の鋼が開発され,建築基準法の認定も得られて,実用化できる段階に入りました.報道していただいた通り,「最強」の鉄骨材料です.

一般的な建物では,地震動による変形が大きくなって許容変形(弾性限変形)を超えると,建物の主要架構にはダメージが残り,より大きな変形に対しては倒壊してしまいます.今回開発されたような超高強度鋼を用いると,許容変形を従来の2〜3倍程度に大きくすることができます.制振装置を併用すると,その効果をより効率的に機能させることができるので,より耐震性の優れた建物が実現できることになります.

歴史的に見ても,新しい材料の開発によって,超高層建築は次のステップへ進んできました.実物件への適用はまだ予定されていませんが,非常に楽しみです.

大学(とりわけ理系)の醍醐味は,このように最先端の研究に従事することだと思っています.大学に入学してしばらくは,座学中心の授業が続き,退屈に思えることもありますが,このような研究に携わるための基礎体力をきっちりつけるためのトレーニングの時期です.もちろん,大学での研究活動で得た経験・知識は,就職後も大いに役立ってくれます.学部生の間は,ついつい「単位を揃える」という目先の目標に執着しがちですが,視野を広げて,日々の授業に励んで下さい.

向出@鉄骨系構造学領域

| - | 08:30 PM | comments (x) | trackback (x) |

The 29th AIVC Conference in 2008

昨日から京都の宝ヶ池にある国立京都国際会館で,Air Infiltration and Ventilation Centre(AIVC)の国際会議が開催されています。

この会議場は,1997年に国連の「地球温暖化防止京都会議(COP3)」で,温室効果ガスの排出規制を課す京都議定書が採択されたことで有名です。
モダニズム建築らしいプレキャストコンクリートの建物ですが,斜めの柱で構成された台形のデザインが特徴的です。内部も台形の吹き抜けになっていて,空間として気持ちいいと同時に非常にデザインされていてカッコいいです。

発表の方は,大学院生9名がショートプレゼンテーション&ポスターで発表しました。
全員すばらしい発表で,数名の他大学の先生から,大阪大学の学生はすごいねとお褒めの言葉をいただきました。


桃井@建築・都市環境工学領域

| - | 01:52 AM | comments (x) | trackback (x) |

NEWEST TOP 前の記事>>

CALENDAR

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

<<前月 2008年10月 次月>>

NEW ENTRIES

ARCHIVES

LINK

PROFILE

POWERED BY

BLOGN(ぶろぐん)

OTHER