NEWEST <<次の記事

ACBC Workshop(2008) in Hong Kong Part2+α

初めまして。第4領域M2の古芝です。
今回はこの夏に参加したACBC Workshopについて書こうと思います。といっても、第2領域の方が内容は説明してくれているので、私はそれ以外の様子(というかただの旅行記?!)で書いていこうと思います。

まず、私は香港入りする前に韓国に滞在しました。辛いものが苦手な私でしたが、おそらく、今まで生きてきた中で食べた全ての辛い料理より多くの量をこの旅で食べた気がします。でも、本場の味はとてもおいしかったです。
あと、色々な建物も見ました。その中でも注目は南大門!!南大門が焼かれたのは記憶に新しいと思います。どうなっているのかなと思ったら…。ものすごく違和感たっぷりに南大門は存在?していました。。。
※ 写真は南大門とは関係ありません。



とまぁ、楽しく韓国旅行をして、いよいよメインの香港へ!
英語恐怖症の私でしたが、ワークショップ中は周りの助けも借りつつ少しずつですが交流をはかりました。一緒に100万ドルの夜景を見たり、日本のドラマの話をしたり(コード・ブルーが人気でした!!)、テーマのサスティナビリティーについて真剣に議論したり、ドリアン食べて騒いだり(お店の人に怒られました…)、あの二人いい感じやなと勝手に話したり台風の中を叫びながら走り抜けたり…。国籍や文化、言葉は違っても同世代の友達として楽しい時間を過ごす事ができました。



さて、香港の建築として有名なのが、I.M.ペイの中国銀行とノーマンフォスターの香港上海銀行!向かいの島から見ても、威厳高くそびえたっていました。特に中国銀行は特徴的な外観から、たくさんある高層ビルの中でもとりわけ目立ったランドマークのように感じました。そんなビルも夜8時になれば驚く程のイルミネーションが行われます。大規模なエレクトリカルパレードのように音楽に合わせて多数のビルが点滅を繰り返します。香港の街が一体となる感じがした魅力的な13分はあっという間に過ぎました。ぜひ皆さんも機会があれば世界一のイルミネーションショーをご覧になってください!!

| - | 11:52 PM | comments (x) | trackback (x) |

キャンパスに咲く花を楽しむ

松原茂樹@建築・都市計画論領域です.
8月末から汗をかく量がめっきり減り過ごしやすくなってきました.
吹田キャンパスは,全国の大学でも指折りの広さを持ち,大学キャンパスでありながら自然豊かな場所です.キャンパスをあちこち歩くとさまざまな植物に出会うことができます.またキャンパス移転から40年経っているので当初植えた植物もかなり成長しています.

今ですと百日紅が目に付きますが,もちろん春にはさくら(隠れた名所?),秋には紅葉も楽しめます.

そんなキャンパスにある植物を調べてまとめた本が大阪大学出版会から出版されています.
http://www.osaka-up.or.jp/books/ISBN978-4-87259-229-0.html


是非お手を取って散歩してみてください.きっと楽しめることと思います.

皆さん,教室・研究室と生協の往復でキャンパスの1日が終わってしまいがちですが,せっかくの自然豊かな広大なキャンパスを楽しんでください.

| - | 08:34 AM | comments (x) | trackback (x) |

NEWEST TOP <<次の記事

CALENDAR

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

<<前月 2008年09月 次月>>

NEW ENTRIES

ARCHIVES

LINK

PROFILE

POWERED BY

BLOGN(ぶろぐん)

OTHER