NEWEST

授業レポート「スパゲティトラス」

2年生の前期に開講されている「建築総合デザイン」は,建築の導入教育を目的とした体験学習型の授業です.2年生から建築を本格的に学ぶにあたって建築の楽しさを肌で感じられるように,と複数の教員が趣向を凝らして提供している他大学にないユニークな科目です.

そのうちの1つの題材が「スパゲティトラス」というもので,多田教授が10年も前に始めた好評の授業です.今回は,今年の様子を交えて,この内容を紹介します.

この題材では,いかに少ない材料で強い構造物を造るかというコンペをしており,プロの構造設計者と同じ課題に取り組むわけです.ルールは単純で,スパゲティで造った40cmスパンの梁桁(水平材)を架けて,その中央におもりを載せ,壊れるまでに支えることができたおもりの重量と自重の比が大きい者が勝ち.

最初はめんどくさいなぁと思いながら造っているように見えますが,


次第に,楽しみながら造ったり,
 

夢中になって造ったりしています.
 

接着剤が乾く数日後には自分の作品に愛着がわいてしまいますが,壊さないといけません.ワイワイ言いながら,みんなで壊れゆく過程を見守るのですが,この壊れ方が学習のポイントです.
 

スケールや材料は違えども,実際の構造物と同じような壊れ方が見られるのです.どこが弱点となって壊れたのか,それがどのような力学的要因によるものなのか,どのようにすればもっと強くなったのか,というようなことを解説します.


自ら考え,手を動かし,感じ,再び考える.という知的好循環を狙った授業.2年生の皆さん,楽しんでもらえましたか? 構造力学をはじめとする構造系科目は,難しそうに思いますが,知れば知るほど楽しいものです.

ちなみに,今年の優勝者は坂本将則君でした(自重の41倍まで耐えました.写真は壊れる前のもの).


向出@鉄骨系構造学領域

| - | 01:52 PM | comments (x) | trackback (x) |

NEWEST TOP

CALENDAR

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

<<前月 2017年12月 次月>>

NEW ENTRIES

ARCHIVES

LINK

PROFILE

POWERED BY

BLOGN(ぶろぐん)

OTHER