NEWEST

坂出人工土地

先日、坂出人工土地に行ってきました。
坂出人工土地とは、メタボリズム(新陳代謝)という建築運動を進めていた大高正人氏による建築物(1968)です。市営住宅を地盤とともに1層分持ち上げられており、1階部分には、店舗群、市民ホール、駐車場があります。


▲前面道路より見る

2階の「地盤」に建つと、その市営住宅の景色は、まさに地上面にいるかのような錯覚にとらわれます。車が駐車され、集会所、店舗(閉店していましたが)があり、住民による菜園などが広がっています。また、いわゆる市営住宅のデザインとは違い、各所でデザインされていることがわかります。






▲市民ホールの屋上部分は菜園に。

一方で、廃屋のごとく手入れされていない空き住戸が多いほか、鉄筋が露出しているなど、今後の建物の維持については限界があるように感じました。

伊丹@建築・都市人間工学領域

| - | 05:22 PM | comments (x) | trackback (x) |

NEWEST TOP

CALENDAR

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

<<前月 2017年12月 次月>>

NEW ENTRIES

ARCHIVES

LINK

PROFILE

POWERED BY

BLOGN(ぶろぐん)

OTHER