NEWEST /    BACK >

建築構造学実験 鉄筋の組み立て・圧接の実技体験

6月2日(金)に、3年生の建築構造学実験の講義において「鉄筋組み立て・圧接」の実技体験を行いました。
本講義では、現場で活躍されている方をお招きし、鉄筋の配筋と圧接の体験や現場の思いを熱く語ってもらっていました。


こちらの写真が配筋作業の様子です。教材は実際の実技試験で使われるものを組み立てています。



こちらの写真が鉄筋の圧接の様子です。作業中は学生からの歓声が絶えませんでした。


学生たちは普段の座学で味わえない貴重な体験ができたと思います。

最後に、講義をして頂いた関西鉄筋工業協同組合の皆様、関西圧接業協同組合の皆様にお礼を申し上げます。

鈴木@2領域

| 授業 | 02:10 PM | comments (x) | trackback (x) |

6/28(土)基礎セミナー「建築・町を見る」神戸編

6/28(土)基礎セミナー「建築・町を見る」神戸編を行いました.
全学1年生16名を対象に阪神間の建物を見て歩きました.
当日は曇りでじめじめしていましたが,過去数年の晴天に比べればまだ歩きやすい天気でした.

まずはヨドコウ迎賓館の見学を行いました.
山元館長から説明を受けて内部を見て回りました.
お忙しいなか時間をとっていただいて説明くださりありがとうございました.



その後ルナホールルナ→人と防災未来センターに行きました.
人と防災未来センターではボランティアから液状化の仕組みなど説明いただきました.



最期は旧居留地やメリケンパークを歩き回りました.


一時怪しい雲が出ましたが雨が降らず無事終えることができました.
次回は京都編です.

松原@建築・都市計画論領域

| 授業 | 08:02 AM | comments (x) | trackback (x) |

建築構造材料学実験 出前講座

5月9日、B3の建築構造材料学実験に関西鉄筋工業協同組合様と関西圧接業協同組合様が主催される出前講座にお越し頂き、鉄筋の組み立てと圧接を実体験させて頂きました。
B3の学生に鉄筋はあまり馴染みが無く、最初は不思議そうにしていましたが、実技を始めると楽しそうに鉄筋工事を行っていました。




当研究室の倉本教授も学生に混じって鉄筋組み立てを行っていたようです。


指導員の方々も非常に優しく,学生たちには非常に貴重な経験になったようです。
最後になりましたが、今回貴重な体験をさせて頂きました関西鉄筋工業協同組合様と関西圧接業協同組合様に感謝致します。

鈴木@コンクリート構造工学領域

| 授業 | 11:37 PM | comments (x) | trackback (x) |

4/23総合デザイン・理工学図書館探訪

2年生・総合デザインで理工学図書館を探訪しました.
座学だけでは建物のイメージがつきにくいので,実際に建物を見ながら解説する授業です.
普段入れない理工学図書館の裏側にも入らせていただきました.
写真は機械室です.


座学で先生が話しているときや設計のときに思い出してもらいたいですが・・・.

松原@建築・都市計画論領域


| 授業 | 10:39 AM | comments (x) | trackback (x) |

2/14卒業研究の提出

本日12時に卒業研究の締め切りがありました.
2/19に卒業論文発表会(@U2-311室,9:00〜16:00),2/26-28に卒業設計展示会(28日が発表会)が開催されます.
これから先取り組む卒業研究や領域配属の参考になるので,3年生だけでなく2年生も聴講ください.

松原@建築・都市計画論領域

| 授業 | 02:10 PM | comments (x) | trackback (x) |

修士論文発表会

2/10(月)・12(水)に平成25年度 修士論文発表会 プログラムが開催されました.
2/10が計画系・環境計,2/12が構造系で40名が発表を行いました.





松原@建築・都市計画論領域

| 授業 | 02:09 PM | comments (x) | trackback (x) |

1/30(木)2年生・3年生公開講評会

1/30(木)午後,公開講評会を開催しました.
希望する2年生・3年生18名が設計課題で取り組んだ作品を展示・発表しました.
講師は卒業生を中心に設計事務所などに務められている方です.










普段学生は教員に向かって発表していましたが,
今回は初めて作品を見る方を相手とすることもあり緊張もありましたが,堂々と発表できていました.
お褒めの言葉もいただけましたが,厳しい意見は今後の設計に活かしてください.


最後には簡単なパーティーを開催しました.
設計実務に携わっている視点からの意見もあり,学生にとっては今後に向けていい経験となったと思います.
また2年生と3年生がお互いにどのような作品をつくっているのか知る機会ともなり,さらなる交流が促進できればと思います.







最後になりましたが,
お忙しい中,学生のために長時間にわたりアドバイスをしてくださりました講師の方々に深謝します.
参加くださいました外部講師:
池内祥見さん(キャンパスデザイン室助教)
岸 康生さん(76年修士卒,建築事務所アーク・ギルド)
塚口明洋さん(74年修士卒,塚口明洋建築研究室)
中村清久さん(76年修士卒,アトリエホロニカ)
林田大作さん(04年博士卒,大阪工業大学准教授)
平沼孝啓さん(非常勤講師,平沼孝啓建築研究所)
吉岡聡司さん(95年修士卒,キャンパスデザイン室准教授)


松原@建築・都市計画論領域

| 授業 | 06:01 PM | comments (x) | trackback (x) |

2年生建築設計第2部の講評

1/21(火)建築設計第2部「公立小学校」の講評を行いました.
12月上旬に出題し,年末年始を挟んだなか課題をこなしました(作品を仕上げる集中力は若さゆえです).
今までと違い大規模な建物の設計となり,かなり悩んだと思います.

例年以上に作品そのもの,図面や模型もかなりの力作ばかりでした.





これにて設計第2部の課題は終わりです.
3年生に向けてそれぞれの課題を見つけたと思います.
お互いに刺激を受けあって次の設計に活かしてください.

松原@建築・都市計画論領域

| 授業 | 06:49 PM | comments (x) | trackback (x) |

大阪大学・同済大学ジョイント設計ワークショップ・合同発表会

1/17(金)の午後から上海の同済大学と合同で行ったWSの最終発表会が阪大・吹田
キャンパスで行われました。


李斌教授(同済大学)のあいさつ


会場の様子

課題は上海のバンド地区に隣接する敷地に大規模な複合施設を計画するチーム課題でした。大阪大学からはM1の17名が同済大学からは21名の
学生が参加し、合計12チームが発表を行いました。

日本の学生は就活と同時並行で行ったということもあり、発表前日はまだ完成には程
遠く全員が徹夜してようやく形にすることができました。また、慣れない英語を使っ
てのプレゼンテーションだったので自分たちの考えを上手く伝えるのが難しかったの
ですが、図や絵、模型などをたくさん使って工夫し、なんとか説明できました。

また、日本学生にはなれない大規模な課題だったため、ヴォリュームを捉えるのが難
しかったですが、様々な側面から上海のまちや大規模施設を捉え、それぞれのコンセ
プトに落とし込めたと思います。


同済大学学生の発表1


大阪大学学生の発表


同済大学学生の発表2

上海学生の着目点や思考プロセスも日本学生と似通ったところもありましたが、全く
似ていないところもあり、すごく刺激になりました。
今回の合同WSを通して、チームで課題に取り組み、英語で発表を行い、海外学生と交
流するなど普段はできない体験がでました。

土田@建築・都市計画論領域



| 授業 | 06:30 PM | comments (x) | trackback (x) |

高校生向け実習(スパゲティトラス)

10/20に「女子中高生のための関西科学塾」という事業の一環で,高校生向けにスパゲティトラスを用いた実習をしました.
(大学の授業での様子はこちら.過去の関西科学塾の様子はこちら

大学で行っている授業と違い,限られた時間で課題説明・製作・載荷・解説をしないといけないので,やり方を少し変えていますが,座屈という現象で壊れたり接合部で壊れたり,実際の建物にも起こりうる現象が観察されたので,それについて解説しました.コンペティションという形をとっているのと,いつ壊れるか分からない緊張感で,ワイワイ楽しみながら進めることができました.参加者からのアンケートでは概ね好評価をいただいたようで,建築構造の分野を通して,理系へ進むことに前向きになってもらえたようで何よりです.

私が関西科学塾に講師として参加したのは2回目ですが,もう8回(8年)も続く好評のプロジェクトです.来年も続くのではないかと思いますので,興味のある方はまた応募してみて下さい.



向出@鉄骨系構造学領域

| 授業 | 08:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

NEWEST / PAGE TOP /    BACK >


ARCHIVES

<前月 2017年09月 次月>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

CATEGORIES

LINK

OTHER

POWERED BY

BLOGNPLUS(ぶろぐん+)